2014年5月12日月曜日

5月13日のキラカフェは

5月13日火曜は、Comet Morigiさんによる「藝術講座25 Art Seminar」を行います。内容は(英文とも)、Cometさんにより、以下をいただいています。

お伝えしているとおり、キラジャパン定期プログラムは5月末をもって停止させていただくことになりました。本講座も定期開催は今回で最終回になります。
   AT&Tビル(1984)、チッペンデール家具(18世紀イギリス)
建築家のオリジナリティ 6 - 鑑賞者の主体性
Originality of an architect 6 - Independence of an appreciator
作品の様式・技法を解析して、影響関係・制作時期を特定できます。
その方法は、言語や遺伝子を比較して、系統を描くことに、似ています。
キラの美術館建築を作例に、建築家のオリジナリティ、鑑賞者の主体性を探ります。
You can identify where/when a work is from, with analysis of its style or techniques.
That way is analogous to comparative-linguistics or molecular-phylogenetics.
We had been having this seminar at the museum architecture,
that is an example for what is originality of an architect & what is an appreciator.
・誰が作品の帰属を判定するか。
・フォンズワース邸は、ありふれているか?
・ポストモダンの破風 AT&Tビル
・ブリュッセル万博’58  アトミウム
・モダニズムは、何を目指していたか。
- Who attributes a work to someone ?
- is Farnsworth House commonplace ?
- the Postmodern pediment; AT&T building.
- Atomium, Expo‘58 Brussels.
- What is Modernism for ?
キラジャパンで行います
5月13日(火)午後10時から11時まで。
at KiraJapan, May 13, 6-7AM SLT
Basically in Japanese with some English. You can attend with machine-translation.